髪の悩み!

色々な髪の悩み

人間の体の悩みのひとつに「髪の悩み」があります。髪が抜けて薄くなってしまう人、色が白くなってしまう人などがあげられます。男性、女性に限らず深刻に悩んでいる人が多いです。

 

さらに、女性は髪が傷んで悲しい、ストレートな髪がよいとパーマをあてる人も多いです。また髪をカットするための美容室の代金も男性より高額で1回行けば1万円ほどかかってしまいます。更には傷んだ髪をケアするシャンプーやドライヤーなどにお金をかけています。

 

しかし、髪の深刻な悩みは抜け毛が増えて健康な髪が生えてこないことです。その悩みを改善するのがシャンプーと育毛剤です。現在では色々なシャンプーや育毛剤が開発されており、昔に比べると育毛効果も期待できるものとなっています。

 

まず、天然成分を使用したオーガニックシャンプーと呼ばれているシャンプーで髪が生えてくる毛穴をキレイ にします。そしてキレイにした毛穴に育毛剤を浸透させて髪が生えてくるように栄養を与えるわけです。

 

オーガニックシャンプーや育毛剤の口コミを見ると効果がなかった!高い買い物だったが残念!と言っている人も多いですが、努力すれば髪の毛を生やすことはできるでしょう。しかし、時間はかかりますので諦めないでください。

 

シャンプーを変えるだけで抜け毛を減らすことができるかもしれませんので、まずはシャンプー選びから始めてください。例えばオーガニックシャンプーならコチラのさくらの森シャンプーです。

 

いまは便利な時代なので「さくらの森シャンプー」とネットで検索するとレビューがたくさんありますので読んでみるのがよいです。

 

また、女性の場合、男性とは違ったメカニズムで薄毛が進行していきます。そのため間違った情報を信じずに正しい薄毛対策を行ってください。一概には言えませんが女性の薄毛は老化が原因で更年期に差し掛かると毛髪が細くなってきます。これはホルモンのバランスが乱れることによるものです。

 

女性ホルモンが少なくなると、抜け毛や脱毛の症状が現れてきます。女性の場合は髪の毛が抜けるという症状ではなく、髪の毛が細くなり地肌が見えやすくなってしまうようです。更年期の女性でなくても、若い女性でも生活習慣が乱れたり、強いストレスを感じると、同じような薄毛の症状が発生します。

 

妊娠や出産で髪の毛が異常に抜けることもあり、男性とは全く異なったメカニズムで薄毛や抜け毛が発症することがあります。老化や更年期では、女性ホルモンを増やすことは不可能ですが、女性ホルモンをコントロールし、薄毛や抜け毛を減らす努力をすることも重要です。

 

この場合、男性用のシャンプーや育毛剤、サプリメントは全く効きませんので、男女兼用の製品か、女性専用の製品を選んで使ってください。老化を防ぐことはできませんので食生活・生活習慣などバランスのよい食事、規則正しい睡眠、軽い運動で汗を流すことを生活の中に取り入れてください。

 

これはアンチエイジングでは基本中の基本です。

 

次に白髪の問題です。白髪のは原因は遺伝や食事やストレスがあげられます。しかし、いまの科学でははっきりとした原因は分かりません。しかし、ストレスは大きく関係している気がします。

 

ストレスが増えれば極端に白髪の本数が増えますし、ストレスが減ると白髪も減ったという人も多いです。白髪の場合、改善は簡単で染めてしまえばよいです。近くの薬局やスーパーで売ってい ますので髪染めを買ってきて自分で染めます。美容室のようにキレイに染められなくてもよいです。少しムラができてしまってもよいです。

 

白髪の髪よりは黒い髪のほうが若く見えますし少し茶色だけでもオシャレな雰囲気になり見た目の印象は全然異なります。暗い性格の人は明るくもなれます。

 

このような薄毛や白髪で悩む女性の間で人気のファッションアイテムといえば、ウィッグです。いまはコスプレを楽しむ人も多くなり、カツラやウィッグが身近になっています。そのため、若い女性も気軽に使うことが多いようです。でも、使う際に何か注意点はないのでしょうか?

 

ウィッグは、カツラと違ってファッション性を求めるものが多く、色、長さ、質など種類が豊富です。値段の安いものになると、通気性が悪く長時間装着していると、蒸れてしまいます。そのままにしていると、雑菌が繁殖するなど、頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

雑菌が繁殖すると、頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛の原因を作ってしまいます。頭皮が炎症を起こすため、荒れて髪の毛の成長を阻害します。できれば、素材にこだわり通気性のよい点をアピールしている品質の高いウィッグをつけてファッションを楽しむようにしてください。

 

たいていは、メッシュになっていて蒸れを防いでくれる製品が多くなっています。また、何度も洗えるウィッグを選んでください。洗った後もしっかり乾燥し、ウィッグスタンドなどを使いいつも風通しのよいところに保管しておき、同じものを毎日使わないようにしてください。

 

ファッション性を考えるなら、洋服や気分に合わせて付け替えるといった工夫をすればいいでしょう。カツラやウィッグは、質が悪いと通気性のよくない製品もありますので購入の際にはこれらに注意して選ぶようにしてください。